2011年08月02日

Arduinoを単体USBシリアル変換器に使用する


PIC ADK Miniboardを使用したもくもく会が、大阪日本橋のROBOBAにて執り行なわれます。
それに先立ちいろいろ準備を〜、というわけで。

PIC ADK Miniboardのサンプルプログラムでは、UARTのシリアル出力からいろいろログを吐くものがあるんですが、PIC ADK MiniboarにはシリアルポートやUSBシリアルポートは設けていません。
別なシリアル変換器を経由して使用することになります。

よくあるUSBシリアルケーブルの場合、もちろん使えるのですがUSB-RS232C変換のため、マイコンにつなぐためにはRS-232Cからマイコンの電圧レベルに変換するICが必要です。

次に、USBシリアル変換ICが乗っかったボード
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-01977/

これは持っていたらベストだと思います。

しかしそれもない場合に、もしArduinoを持っていたら・・・

それでも可能です。まずはArduinoにスケッチを焼き込みます。
このような内容で。。。

void setup()
{
pinMode(0,INPUT);
pinMode(1,INPUT);
}


void loop()
{
// nothing to do...

}


Arduinoのディジタルピン0と1はメインマイコンとUSBシリアルとの間につながっている経路がそのまま出ています。
そこで、0と1に外部のシリアル通信機器を接続し、Arduinoには通信路に影響しないよう、Hi-Zになってもらいます。

というわけです。
結線も簡単です。
P1080626.JPG

実体配線としてはこんなかんじです。
P1080627.JPG

Arduino Uno回路図
http://arduino.cc/en/uploads/Main/arduino-uno-schematic.pdf






Arduino Uno
Arduino Uno
posted with amazlet at 11.08.02
スイッチサイエンス
売り上げランキング: 10101


Arduino Cookbook
Arduino Cookbook
posted with amazlet at 11.08.12
Michael Margolis
Oreilly & Associates Inc
売り上げランキング: 25293


ラベル:Arduino UART FTDI RS-232C
posted by いしいっち at 23:45| Comment(0) | TrackBack(1) | 電子工作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

PICでMicroBridgeをやってみた
Excerpt: 今回は、@yishiiさんが公開している、PIC24FJ64GB002用のMicroBridgeソフトウェアスタックを使って、PICとAndroidを繋いでみました。 (ヤフオクで販売されているPIC..
Weblog: side2.jp
Tracked: 2011-08-13 12:20