2012年01月27日

ALTERA DE0でAndroidから制御出来るラジコン作りました

DE0_Android.png

ALTERAのCyclonIIIボード DE0にモーターやBluetooth I/Fを繋いで、Android端末から制御できるラジコンを作ってみました。

DE0というか、ALTERA初挑戦かつFPGAも初心者なので、特にツールの使い方に時間を要しました。
でも感覚的にはWebPack ISEと変わんないような(詳しい方からすると、全然違うと怒られるかもしれませんが^^;)

NiosII/eを使用し、SOPC BuilderにてUART、JTAG UART、SDRAMコントローラを使用しています。あと、PWMや7セグ関連、その他ロジック等はVerilog-HDLにて実装し、AVALON SWITCH FABRIC(NiosIIの内部バス)に接続しています。

ハードの方は、元々は、Arduino用にFusion PCBにオーダーして作成したベースボード「Andy Shield」に、ドリルで穴あけしてDE0が乗っけられるようにしてみました。

ソフトウェアは、Arduino用ライブラリとして公開しております、MemoryMapLibをほぼそのまま使用しています。
https://github.com/yishii/Arduino_MemoryMapLib
Exampleとして用意していたスケッチを一部変更して使用しています(ArduinoのAPI群が無いので代替処理に)。

P1100955.JPG
こんなんです。
ちょっとゴツイけどかっこいいかも、と思っちゃいました!笑

P1100956.JPG

P1100957.JPG

動画もあります。こちらー。



またソースも公開したいですー。

QuartusIIのプロジェクトと全ソースは以下で公開しています。
https://github.com/yishii/Andy-FPGA
(★2013/5/11 改変)



FPGA ボードで学ぶ組込みシステム開発入門 〜Altera編〜
小林 優
技術評論社
売り上げランキング: 24112



posted by いしいっち at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/248752693
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック