2010年10月24日

日本Androidの会神戸支部イベント行ってきました

2010年10月23日(土)に、日本Androidの会 神戸支部のイベントがあり、行ってきました。

タイムテーブルは以下のようになってました。なお、タッチアンドトライではA社、M社、T社の端末に触れることが出来るということになってました。

12:30〜13:00:受付
13:00〜14:00:丸山先生講演(最新技術動向)
14:00〜14:30:LT(ライトニングトーク)
14:30〜16:00:タッチ&トライ
19:00〜:懇親会

丸山先生はAndroid 2.2から導入されたCloud to Device messaging(C2DM)に関する技術的なお話をされました。

さて、IS03なのですが、職場の上司が移行を検討している端末でもあり、結構個人的に後押ししているつもりなので、買うならどうかなーという観点でIS03をいじってみました。私はIS03の監視員をしてましたので、タッチアンドトライが終わったあと少しだけ、触らせてもらいました。




個人的な感想は、こんなかんじ。

・液晶がめちゃ綺麗(iPhone4と同一解像度ですよね確か)
・画面遷移をみてる限りでは私の端末(NexusOne Android 2.2)よりサクサク感がありそう
・カメラなど標準アプリにも結構手が入って使いやすくなってそう
・ワンセグ・FeliCa普通に使えるらしいし便利だな
・禁断のアプリ Skypeも回線交換の方式にて使える
・シャープお得意のメモリー液晶がついてスタンバイ中でも時計等見れる。便利だしこれは凄いポイント高い。

IMG_20101023_155325.jpg

懇親会では丸山先生はじめAndroidスペシャリストな方々といろいろなお話をさせていただくことができ、とても有意義でした。

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
岩崎 夏海
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 5
おすすめ度の平均: 4.0
4 ドラッカーが身近になる!
3 編集さん仕事してくださいっ
1 文章が稚拙
4 きっかけとして
4 すぐ読めて理解し易い、ドラッカー『マネジメント』の導入事例



Micro-USBケーブル(通信・充電切替スイッチ付き) MBCSW
ミヤビックス
売り上げランキング: 350







posted by いしいっち at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月17日

台北でTaiwanMobile使ってきました

先日、台湾に旅行に行ってきました。

今回は、ジェットスターを利用しました。たまたま関空から台北までの便が就航したので、キャンペーンで
往復3000円だったので、飛びついてみました。空港使用税や、燃油サーチャージを含むと往復込み込みで12000円程度になりました。

この記事では、3GのプリペイドSIMを使用した事について書きますね。

ジェットスターでの旅行については別途まとめてみます。

今回、私はE-MOBILE Pocket WiFi(D25HW)とAndroid 2.2端末のNexus Oneを持っていきました。

とりあえず台湾桃園国際空港(旧:中正国際空港)についた私は、早速空港内の携帯電話販売カウンターに行くことにしました。空港内に携帯電話のカウンタはあり、簡単にたどり着けます。今回は、Taiwan Mobileを使用する事前下調べをしていたので、
Taiwan Mobile(台湾大哥大)のカウンターに行き、プリペイドSIMを頼みます。

Taiwan Mobileでは、プリペイドカードはNT$300,NT$600,NT$1000の3プランがあります。
使い切ったら、専用の電話にかけることで再チャージが可能とのことです。

Taiwan Mobileのプリペイドのプランは以下に記載されています。
http://english.taiwanmobile.com/english/product/3GPrepaidCard.html

現地では3Gのインターネットも楽しみたいので、Mobile Broadbandも申し込みます。
http://english.taiwanmobile.com/english/product/broadRate.html

Mobile Broadbandでは、1、3、5日のプランがあります。Mobile Broadbandでは、指定された期間データ通信が使い放題になるようです。
今回は丸々三日滞在ということで、3日間のプラン(NT$250)を使用することにします。

Taiwan Mobileのカウンターには店員のお姉さんが2人おり、英語で対応していただけました。また、プラン表などカウンターに貼り付けてあったので、指差しでもオーダー可能と思われます。

私は、プリペイドのNT$300を購入しました。NT$50は通話分という考えです。
まずはSIMを購入し、その場で Mobile Broadbandのお願いをします。すると店員さんがその場で店頭端末を使用し、Mobile Broadbandの有効化をしてくれました。

その後、このSIMをNexus Oneに挿入すると、すぐに認識され、APNを選択すると簡単にネットに繋がりました。ちなみに、APNは「internet」ユーザー名、パスワードは無しです。
電話番号も現地のものが付与されてます。
IMG_0551.jpg

APN選択も特に自分で入力する必要性はありませんでした。
IMG_0552.jpg

Nexus Oneにはテザリングのメニュー内に、ポータブルWi-Fiアクセスという項目があり、これを使用することで、3G側のインターネット接続を他のWiFi機器に接続・共有できるWiFiルーターとして機能させる事が出来ます。

今回は初めてこの機能を使用し、ノートPC、他のAndroid端末、iPhone4を接続しました。普通に接続でき、レートも2Mbps程度は出てました@gooスピードテスト。

くNexus Oneを買って以来ずっとPocket WiFiを使用していたので、直接3G SIMを挿して通信する便利さはかなり感じましたね。


同行した友人は元々HT-03Aのユーザーでしたが、現地でChanogenmod 6.0.0化と、SIMフリー化を実施しました。ドコモ純正1.6は他キャリアSIMを挿入しても解除の画面は出ませんが、MyTouch3Gの1.5をインストールすると、他キャリアSIMを入れたときのロック解除画面が復活します。

非常に気になったのがイーモバイルは無保証だけどPocket WiFi(D25HW)に他のキャリアSIMを入れると認識できると聞いていた部分です。
残念ながら、Taiwan MobileのSIMを入れてみたのですが、すくなくともAPNに接続できませんでした。設定もそれなりにしたのですが、、、。
設定の問題があった可能性も否めませんが…。

旅の指さし会話帳8台湾 [第二版] (ここ以外のどこかへ!)
片倉 佳史
情報センター出版局
売り上げランキング: 69035
おすすめ度の平均: 4.5
4 何がどこに出ているか事前に把握すれば、かなり使える
5 本書とともに
5 これは便利!
5 台湾旅行の友に最適!
5 発音が上手くいかなくても・・・





posted by いしいっち at 21:57| Comment(1) | TrackBack(0) | モバイル全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。